弁護士へ依頼するメリット

1.適正な賠償金額を得られる

 交通事故における損害賠償金は加害者が加入している保険会社から支払われるのが通常です。この時、保険会社から提示される金額は、保険会社独自の基準によって算定された金額です。

 しかし、この基準は、裁判所で採用される基準とは異なるものです。そして、裁判となった場合と比べて、金額は著しく低くなるのが通常です。

 そこで、弁護士へ依頼すれば、保険会社の基準ではなく、裁判基準に基づいて交渉するため、ほとんどの場合、金額が増大します。

2.弁護士への依頼無しで増額できるか

 弁護士へ依頼せずとも、自分で裁判基準を根拠に保険会社と交渉することも考えられます。しかし、これは難航するでしょう。

 こう考える理由は次のとおりです。

 弁護士が交渉する場合、交渉が決裂すれば最終的に訴訟を提起します、訴訟を提起されると、保険会社側も弁護士を立てなければなりませんので弁護士費用が生じます。また、裁判ですので解決まで時間がかかります。費用も時間もかかってしまったとすれば、交渉を担当している保険会社の社員の評定にも響くことが推測されます。このように、「訴訟を提起される」ことは保険会社にとって大変不利益なことなのです。

 そこで、弁護士であれば、「最終手段としての訴訟提起」をちらつかせることで、交渉を有利に進めることができるのです。

 逆にこれが一般の方であればどうでしょう。確かに本人訴訟という手段もありますが、訴訟は高度に専門的知識が要求されますし、仕事を休んで法廷に出てこなければなりません。とても弁護士無しでは訴訟を提起することはできないと思われます。保険会社も十分にその点を知っているので、容易に譲歩しないことが予想されるのです。

3.逆にデメリットはあるか

 では、弁護士に依頼することで逆にデメリットは生じるのか、ということを考えてみますと、特に無いのではと思います。あるとすれば、増額していないのに報酬を取られる「費用倒れ」が考えられますが、当事務所の場合は、増額分を超える報酬はいただきません。さらに、相談料、着手金は0円です。すなわち、「費用倒れ」は生じないことになります。

 また、弁護士特約の利用が可能であれば、当事務所の報酬上限は弁護士特約の上限である300万円ですので、実質的な費用負担がゼロとなります。